さすけ のインターホン ブログ

趣味のインターホンに関することを中心に書き綴って行きます

アイホンのIF-DAを3枚下ろし!

IF-DAを分解してみよう!

~新旧のバージョン違いのIF-DAドアホンを見比べてみる~

IF-DAの顔

分解しようと思ったところ2台のIF-DAが若干違うことに気づいた。
表示ランプの発光レンズ部分の色が赤色のものと、透明のものがある
写真の左側はレンズ部分が赤色のもの、右側はレンズ部分が透明なものを載せてみる

f:id:sasukedog:20210411101717j:plainf:id:sasukedog:20210411084731j:plain
左が赤レンズ、右が透明レンズ

写真ではよーく見ないと分かりにくいけど、夜でもインターホンの存在が分かりやすいように、呼び出し押しボタンの左にある小さな四角いところが赤く光るんです

IF-DAの裏

写真は上のものと並びは揃えています
とりあえず見て見よう

f:id:sasukedog:20210411084754j:plainf:id:sasukedog:20210411084744j:plain
左が赤レンズ、右が透明レンズだったドアホン

パット見は特に大きな違いは無さそうだけど、ラベルのデザインが違います
左は少し懐かしい感じで文字はドット打ちでメーカー名は白抜きになっています、右は今時の感じでシンプルです。

左はラベルに生産国が書いていませんが、右はラベルに MADE IN THAILAND と明記されています。

左の茶色の枠の部分ををよく見ると、上の壁取り付け穴の上に鋳型で MADE IN JAPAN と刻まれていました、右はその部分は空白となっています

左の日本製の方が古く、右のタイ製の方が新しそうです

開いてみよう!

開けてみました

f:id:sasukedog:20210411084824j:plainf:id:sasukedog:20210411084803j:plain
IF-DAを開けてみた

同じ製品なので大きな違いはないけど、目を引くのはスピーカに取り付けられた黒いスポンジ、おそらく左のスピーカに合わせて型を作ったもののスピーカが小型化してしまい小さくなったのを補うためにかさ増しのために取り付けたと思われます

基盤をよく見てみる

f:id:sasukedog:20210411111953j:plainf:id:sasukedog:20210411084813j:plain

左側は基盤がネジ止めされているのに対して、右は嵌め込んでいるだけ
(内部の鋳型も作り直している様です)
基盤の外形はほぼ一緒ですが、中のパターンや部品はまるっきり違います
左は裏面に部品はありませんが、右はチップトランジスタなどが配置されています

基盤の表はと言うと

f:id:sasukedog:20210411084853j:plainf:id:sasukedog:20210411084919j:plain

LEDにスイッチやトランス、電解コンデンサやバイポーラコンデンサ、はそのままですが
右上にあったハイブリッドICが無くなっています

色合いもありますが、なんだかスッキリした感じがします

基盤の下は?

f:id:sasukedog:20210411115018j:plainf:id:sasukedog:20210411115026j:plain

押しボタンの裏が大きく違います
古い方は金属製の押さえ板が小さなネジ2本で止まっていますが
新しい方はプラスチックの部品が嵌め込んであるだけです

表から見える表示灯の裏は古い方は赤い色板が溶着されていますが、新しい方は押しボタンの部品と一体になっています

スピーカについて

左のスピーカの径は57mmで20Ω 0.2W  のスリムな内磁型でした
(外磁型はケースに干渉すると思うので修理をするのに自分でスピーカを調達する際には注意が必要です)

スピーカのインピーダンスが20Ωって珍しいのでは?と思います

右のスピーカは、スポンジを剥がしてみましたが、文字はありませんでした
フレームの金属部分に押印してある
57N 9D20L
が定格などを意味していると思われます

最後に

ロングセラーのIF-DAですが、発売はいつだったのでしょう?1990年代と思われますので、すでに20年以上と思われます。
見た目は同じですが、中身は時代と共に変わっているようです
今回は新旧のIF-DAが見れて楽しかったです
まだ違うバージョンも存在するかもしれません
更なるロングセラーを期待しています

ラジオのCMでお馴染み、ピンポンはアイホン IF-DA

アイホン 【IF-DA】 玄関子機

アイホン 【IF-DA】 玄関子機

  • メディア: Tools & Hardware

「ピンポンはアイホン」のCM

f:id:sasukedog:20210320211351p:plain:w268
ドアホン

朝カーラジオから流れてくるCM
この後に武田鉄矢 今朝の3枚下ろしが流れる
インターホンのコマーシャルがテレビやラジオから聞こえてくるのは珍しい事と思います

今日はこのアイホンの代表的な通話用ドアホン
IF-DAを3枚に下ろしたいと思います

IF-DAのスペック

IF-DAのスペックを見てみると

  • 大きさ 縦130mm 横98mm 厚さ28.5mm
  • 電源電圧 DC4.5〜6V(通話時 約DC9V)
  • 通電(夜間)表示灯電流 1mA
  • 出力インピーダンス 600オーム
  • 端子 2極
  • 通話方式 拡声(同時)通話
  • 取り付け 壁・パナソニック製サインポスト
  • 色 チョコレートブラウン
    (姉妹品のIF-DAWは白色)

とのこと

他社のドアホンでは、表示灯は別配線が必要な物が多いですが
このインターホンでは2芯の配線で、呼び出し 通話 夜間表示灯を兼用しています

前の機種

IF-DAの前の機種は
IE-DAで資料を見るとIF-DAと互換性がありそうです
さらにその前は
ID-DAですが、こちらは出力インピーダンスが100オーム(Ω)なので互換性はないようです
なんでインピーダンスが違うとダメなのかは私は理解できていません。音がきちんと出ないのかなと思います

さらにさかのぼると
IB-DA  IA-DA があるようですが仕様は不明です

IF-DAのそっくりさん

話を戻して
IF-DAによく似たドアホンがあるので下記に
書いてみます

どれも外見はそっくりです
互換性があるのかは?
おそらくIF-DAと中身も同じかな?

お化けがでたぞ~

インターホンの誤動作

アイホンのドアホンで誤動作って聞いたことがあります

  • 人が家の前にたつと押してもないのにドアホンが鳴る
  • 救急車が近くを通ると呼び出しがされる
    など

インターホンの待機状態の時でもマイクとスピーカーが作動していて、ドアホンの前に手をかざすと キーン とハウリングをしてしまいます
ハウリングがひどいとボタンをおしていないのに、呼び出し音がなります
大きな音で電流がたくさん流れて、ボタンを押すのと似たようなことになってるのかなと想像します
救急車が通る音もその音で電流がたくさん流れたのだとおもいます

古いドアホンで、マイクの前にある透明なフィルムが経年劣化で破れて、より音が拾いやすくなっている可能性もあります
もし破れているのなら厚手のビニール袋を切るなどしたものと取り替えると対策できるでしょう
幹線道路沿いなどでハンズフリー通話の切り替えがうまく行かず、ドアホンで相手声と切り替わらないときにも、ビニール袋を重ねて被せるなどして対応すると改善されるかもしれません

インターホンの特性による誤動作を紹介しましたが
他にも誤動作もしくは、鳴らないなんて言う原因は多々あります

いらっしゃいませ~の前に

どうやって呼ぶ??

f:id:sasukedog:20210314105900j:plain
家を訪れたときに中の人を呼び出したい
その昔電気がない頃は、戸を手で叩く海外の様子をテレビで見るとドアノッカーと呼ばれる代表的なのはライオンが馬蹄がたの環っかを使いコンコンってお洒落に叩くなんてのも有るみたいだ

電気で動くものとなると、実家に有ったのは台所に電池で動作するナショナル製の金属板を電気的に叩くまさに呼び鈴で
玄関の壁に取り付けられた釦を押すと、キーンコーンと鳴るものだった
最近では、電子音の物が主流でピンポンと鳴るものやファミリーマートの来客音の様にメロディーでお知らせするものもある

チャイムだと、ドアまで行かないと誰が来たのかわからないけども、インターホン・ドアホンだと玄関前の子機と室内の親機で会話ができて、場合によっては玄関まで出ずして用件の終わることもあると思います

更に玄関子機にカメラが入り、室内親機にモニターが入れば
テレビドアホンの出来上がり~
来客の顔が見れて安心感が出ます
最近ではワイヤレスで家の中を持ち歩ける室内親機もありますよね

私の知る限り
インターホンを日本で最初に作ったのは、日本インターフォーン株式会社(現在はNIC株式会社)と言うメーカーでホームページを見ると
1950年 日本初、インターホンを開発しテレコール(TELECALL )の商標で販売開始。

さらにすごいのは、
1980年 日本初、テレビドアホンを開発。

と、日本初の開発力です
現在はエレベーターインターホンに注力されているようです。

f:id:sasukedog:20210315225808j:plain:w280

日本インターフォーン カタログより

家庭用インターホンのメーカーと言えば現在作って無いメーカーもありますが
電話機とドアホンアダプターなどを介してつながるものも含めると

などがあると思います



アパート・マンション用 集合住宅インターホンは現在作って無いメーカーもありますが
電話交換器タイプも含めると

などがあると思います


ナースコールインターホンと言えば

があります

順不同

3月11日 東日本大震災から10年

f:id:sasukedog:20210311003926j:plain:w298

2011年3月11日 金曜日

色々な企業の集結する展示会を観るために
当日の早朝、飛行機に乗って成田空港へ
場所は東京ビックサイトで目の前は海
朝から広大な展示会場の中の各ブースをヘトヘトになりながら見て回ってた午後のこと


今まで聞いたことのない金属の叩き合う音が天井から聞こえる。この時点で体に感じる揺れは無い。
あれ?どうしたんだろうと思ってたら、急に縦揺れ 地震発生 周りでは悲鳴が上がり騒然となる。止まったと思ったら さらなる余震。
展示会は閉場時間を待たずして終了となった。

携帯電話で嫁に電話するもつながらない。
やっと嫁とつながったものの事態が飲み込めて無いのでテレビを見てもらい分かってもらった。
場内のコンビニではすでに弁当やおむすびなどの食品は売り切れていて、お菓子の雪の宿を買い出展している関連会社の元に届けた。
しばらく留まっていたが宿泊予定の宿に行こうとするも、電車は動かずバスもタクシーも来ず、やはり携帯電話は繋がらず。何か食べようと違うコンビニを見るも食べ物が全て売り切れ状態、お菓子も無い状態、周りには同じような人が溢れてる。
もう歩くしかないなと、スマホの地図を便りに人の波に乗って歩いて動き出す。いつの間にか暗くなり、途中 建築中のスカイツリーが見える。
電話は通じない物のツイッターは見れたので情報は手に入った

築地のあたりで、新聞の号外を配ってる。手に取りさらに歩き出す。
日本橋のアップルショップでは、いつもはしていないスマートフォンの充電サービスをしてくれていた。

数時間歩き、御徒町の宿に到着するとロビーには泊まる所を求める人が休んでる。 エレベーターは地震の影響で使えない。階段を上り部屋に着く。何度も鳴る地震速報と余震。



翌日秋葉原のパーツ店に行くと店は開いたものの計画停電の影響で昼からは閉めるとのこと

友達とかんだやぶそばで昼食をとり移動
途中、地震の影響で東京タワーの先端が曲がっているのも見ました
羽田空港の地下道の所々に水が漏れてます。
予定の飛行機で帰ることができました。




写真はその時にもらった新聞の号外です
もう10年、まだ10年。人によって境遇によって感じかたは色々だと思います
10年前を思い出しました

3月9日

f:id:sasukedog:20210313231223j:plain:h100

今日は3月9日 サンキューって感謝のひですね ブログ書き始めて数日経ちます

はてなブログの機能に アクセス解析っていうものが有ります そのカウンターがなんと自分自身のアクセスをのぞくとトータル0人 ブログというか独り言だー

•追記 今日は4月10日です ひと月経ちましてアクセス数はなんと、0人です!

アイフォン8のリンゴループ!

iPhoneが起動しなくなった


f:id:sasukedog:20210308014022j:plain


我が家のiPhone8だが嫁のお古を子供が使うこととなった
中の写真やらアプリを数時間かけて整理して、パソコンとつなぎiTunesでバックアップをとり、取ったバックアップをまた戻す作業をした
なぜわざわざバックアップを戻すかと言うと、用途不明のディスク使用が解消されて空き容量が増えるらしいから
バックアップを戻しあとは再起動するだけのはずが
勝手に再起動し続けるはめに💦
調べるとリンゴループという現象らしい
ホームボタンはいつもならクリック感があるのに無反応
リセットはボリュームの上を少し押して下を少し押して電源ボタン長押しらしいが何度やっても無反応
上下と電源ボタンを同時に押し続けると、画面に英語でdiagnosticと出てほっとして直ったかなと思ったけど何やら訳がわからないうちにリンゴループに戻った
SIMを抜くなんてのもダメだったが

SIMを抜いた状態でパソコンのiTunes(iTunesも念のため再起動した)とiPhoneをケーブル繋げたままiPhoneのボリュームの下ボタンと電源ボタンを押し続けると、なんとiPhoneのバージョンアップしますか?ってiTunesが言い出して、iPhoneはケーブル接続画面が出た
しばらく待ってバージョンアップが終了し、再起動したがまた2度目の再起動をし出してもうダメかと思ったら データの回復を試みています と画面に出て初期の質問画面が出た

アップルIDとパスワードを入力しいくつかの質問に答えると
起動しまして中のデータも大丈夫でした

データの整理を昼前から取りかかって復旧したのは夜
最悪どこかのお店に持ち込もうかとも思いましたがなんとかなってよかったです

インターホン ショック😱

インターホンが手に入らない

f:id:sasukedog:20210307221505j:plain

最近知ったのですが、かつてオイルショックでトイレットペーパーが手に入らなかった事とは少々違いますが、インターホンの中でもマンションなどの集合住宅用のものがが手に入らないそうです
今現在の状況は変わっていると思いますが、

去る2020年10月20日の事
宮崎県延岡市にある旭化成エレクトロニクス株式会社(AKM)(Asah Kasei Microdevices )の半導体製造工場にて火災が起きました
同社はデジタルアナログコンバータ、アナログデジタルコンバータ、ハンズフリー向けの音声処理DSP内臓などのLSI部品,温度補償型水晶発信器(TCXO),ホールIC,カーオーディオ用ICを製造している様で、火災により製造に影響が出たのではないでしょうか

ホームベージの情報によると1月18日現在、火災の原因は判明していません

AKMの事は全く存じ上げなかったのですが、世界の名だたるオーディオメーカーに部品が採用されており、
ZOOM、ヤマハ
オンキョーホームエンターテーメント(オンキョー、パイオニア)(音響機器)
JVCケンウッドアイコム(無線機)
ソニーキヤノンニコン(デジタルカメラ)
サクサ、ナカヨ(電話機)
カーナビ、ETC、火災警報器など
多メーカー、多分野と多岐にわたっています

冒頭にも書きましたが、パナソニックアイホンの集合住宅向けインターホンにも影響が出ているようで手に入りにくい状況になっている様です
特殊な部品のようで製品はAKMのチップに依存していて、簡単には替えがきくものではないのだと思います。
ルネサスエレクトロニクスが代替生産なんてニュースもあるようですが、なるべく早く安定供給できる日が来ますように